フォト

プロフィール

お問い合わせ・ご相談

  • お問い合わせ・ご相談のお申し込みにつきましてはこちらのページをご覧ください。

ブログランキング

« 事務所開設3周年 | トップページ

2019年2月15日 (金)

保険会社の提示額約400万円(後遺障害等級10級)→約2200万円(後遺障害等級6級)に増額した事例​【交通事故】

事案の概要

依頼者が自転車で交差点を横断中,右方向から進行してきた車に衝突され,左足関節の麻痺等の後遺症が残った事案。

弁護活動と結果

相手方の保険会社は,当初,左足関節の麻痺を後遺障害として評価しておらず,同社からは,それ以外の後遺障害の等級を10級と認定して算定した損害賠償金約400万円の提示があった。
後遺障害等級認定に対する異議申立てを2度行った結果,左足関節の麻痺についても後遺障害として評価され,後遺障害等級6級と認定された。
その後,相手方の保険会社から損害賠償金約1200万円の提示があったが,訴訟を提起して休業損害,逸失利益,慰謝料等の算定について争い,約1700万円の支払いを命じる判決を得た。
判決後,相手方の保険会社から,遅延損害金を含めて約2200万円の支払いを受けた。

http://www.kyodo-lo.jp/過去の解決例/

(この記事をご覧になられてのお問い合わせ・ご相談はこちら。)